日別アーカイブ: 2020年3月31日

花咲く春へ。

暖かくなったり寒くなったり……
こういうのを三寒四温と言えば良いでしょうか、そんな浮き沈みが続いております。
今日はいもり池の遊歩道を歩いてきました。
まだまだ雪道ですので、長靴でズボズボと。

そしたら見付けました、ミズバショウ!……の出始め!
ミズバショウといえば、白い苞(ほう。仏炎苞 – ぶつえんほう – とも呼びます)に包まれた肉穂花序(にくすいかじょ。中央にある黄色い部分。小さな花が集まってできています)が特徴的な見た目ですが、花序はまだ見えていません。
咲き始め、とはまだまだ言い難い状況ですが、春の気配を感じ始めております。

その他、唯一確認できたのが、こちらのフクジュソウ。
こちら、なんと野生種のようです。

園芸種の中には様々な品種があります。
ネットで調べると、花弁が何十枚もあるゴージャスな見た目のフクジュソウもありました。
対して野生種のフクジュソウは、少しコンパクト(?)な花弁です。
自然そのままの姿と考えると、なんだか愛らしくなります。

鳥も動き出したようで、ぶらぶら歩いているとアチコチでキツツキの仲間が奏でる「コココココ……」というドラミング(木に穴を開ける工事中の音)が聞こえます。

自然界はゆっくりと、いつも通りの春へ向かっております。
今年も良い春になりますように!!