栃餅作りに挑戦!!

秋に沢山落ちているトチの実。
クリみたいでおいしそうだな…と気になったことが
ある方も多いのではないでしょうか。
当館スタッフもずっと気になっていたので
思い切ってトチ餅作りに挑戦しました!!

拾ってきたトチの実を数日水に浸し、虫を出したあと
カラカラになるまで天日に干します。
9月の半ばから始めましたが、晴れの日が少なく、
なかなか干せずに困りました。

1ヵ月程干した実をぬるま湯に浸して1週間程置き
やわらかくしてから皮をむきます。

パークボランティアさんお手製の皮むき器。
これがあってとても助かりました。

むいた実を1週間程流水にさらすのですが、
近くにちょうど良い小川がなかったので、
毎日数回水を替えることで代替しました。

むいた実もクリのよう。
でも舌がしびれるほどの苦味があります!

水を替えること10日、灰と合わせてアク抜き!

トチの実と倍の量の灰と混ぜ、お湯を入れて撹拌。
これで1週間置き、毎日撹拌します。手がかかりますね・・・

1週間後、灰を洗い流し、かじってみるとまだピリピリしたので
3日間水を替えながら浸したのち
いよいよお餅作り!
もち米とトチの実を柔らかくなるまで蒸かします。

40分ほどで出来上がり♪

本来の栃餅はきれいな黄色ですが
餅つき機が無く、すりこぎでついたので
実の粒が残るほんのり黄色いお餅になりました。

笹みずし風にアレンジ

きなことあんこ

しっかり餅をつくと、奥のきなこの様な色の栃餅になるそうですよ。
いつもお世話になっている方々に助言やご協力を頂き、
ほぼ苦味はなく、初めてにしては上出来なお餅になりました。
それにしても、食べられるようにするまで2カ月・・・
手間がかかることがよ~~く分かりました。
気になった方はチャレンジしてみては?!