鴨の恩返しへつづく?

梅雨明けし真夏の日差しがいもり池にも降り注いできました。

そんな昼下がり、ふと館内からウッドデッキを見ると・・・

カルガモ~~~!!

暫く眺めているとあれあれあれ・・・!!!

 

ンンン雛もいっしょですか~~!!そうですか~~~~(可愛さと感動で取り乱しております)

草むらを気にしているお母さん。スタッフSさんが外に出てみると、

なんと雛が1羽側溝に落ちてしまい、登れなくなっていました。

母「グワッグワッ」(お母さんここよー)子「ピヨピヨピヨ」(待ってーー) ※イメージです

と鳴きつづけているのを聞き、我々が雛を助けることにしました。

雛が自らお母さんの所へたどり着けるように、足場をつくり遠くから見守りました。

無事、雛は足場を上ってお母さんと合流出来ました。

よかったぁぁぁぁぁぁ(涙)(歓喜)

お母さんもほっとしたことでしょう。(子育て経験はありませんがなんとなくわかります)

元気でね!カラスや蛇に食べられないように気を付けてね!

イケメンか美女が「あの時助けて頂いたカルガモです」なんてビジターに訪れる日は来るのでしょうか!

期待してお待ちしております

※この記事の写真は鳥へ配慮し親子から十分に距離を取る、または館内からガラス越しで短時間で撮影しています