ようこそ妙高戸隠連山「妙高高原ビジターセンター」へ

ミズバショウ

  • HOME »
  • ミズバショウ

ミズバショウ

ミズバショウ(さといも科)
低山帯から高山帯までの湿原に広くはえる多年草。この地域では、いもり池や沼の原湿原はもとより、山地の沢沿いや湿地に多くの群落がみられる。花期は4~5月。
雪消えとともに白い仏炎苞(ぶつえんほう)の中に、小花が集まる肉(にく)穂(すい)を立ち上げる。葉は開花後にさらに生長し、長さ1m前後になる。北海道・本州(兵庫県と本州中部以北)に分布する。
和名は水芭蕉(みずばしょう)で、湿地にはえ、芭蕉のような葉を持つことで、この名がついたとされる。
全草に毒があるので、クマは冬ごもりが明けると、消火管内の内容物を排出するために、あえて食するともいわれている。

PAGETOP
Copyright © 妙高高原ビジターセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.