ようこそ妙高戸隠連山「妙高高原ビジターセンター」へ

植物

いもり池周辺の花・植物

ミズバショウ 日本百名山の一つで越後富士(えちごふじ)の異名を持つ「妙高山」の麓に位置する「いもり池」。
昔、アカハライモリが多く生息していたことからその名がついたと言われています。
周囲には湿生植物の植生と雑木林が見られ、 いもり池周辺の湿地帯には、4月下旬、雪解けとともに12万株ものミズバショウが咲き誇り、一斉に可憐な花や植物が春の訪れを告げてくれます。
車を降りてすぐに野生のミズバショウの群生を鑑賞できるのは、国内でもあまり多くありません。
池を一周する遊歩道も整備されており、ウォーキングや散策に多くの方が訪れています。
春から夏にかけ、木々の緑が生い茂り、高原の涼しい風を満喫しながら植物観察やトレッキングを楽しんだり、秋は木の実、そして葉が紅葉し、いもり池から眺める妙高山が美しく彩られます。
ビジターセンターでは、様々なイベントや自然観察会を企画して、皆様のお越しをお待ちしております。

ここビジターセンター周辺は、国立公園ならではの手つかずの大自然や花・植物を一年を通して楽しむことができる癒しのスポットです。

いもり池周辺咲く主な花・植物(群生するものと、そうでないものがあります)

春の花

ミズバショウ ミヤマカワラハンノキ キクザキイチゲ キタコブシ
ミズバショウ
4月中旬~5月中旬
ミヤマカワラハンノキ
4月中旬~5月中旬
キクザキイチゲ
4月中旬~5月中旬
キタコブシ
4月下旬~5月中旬
ショウジョウバカマ オオヤマザクラ オオタチツボスミレ エンレイソウ
ショウジョウバカマ
4月下旬~5月中旬
オオヤマザクラ
4月下旬~5月中旬
オオタチツボスミレ
5月初旬~6月中旬
エンレイソウ
5月初旬~5月中旬
オクチョウジザクラ ミツガシワ チゴユリ マムシグサ
オクチョウジザクラ
5月初旬~5月下旬
ミツガシワ
5月中旬~6月初旬
チゴユリ
5月中旬~6月初旬
マムシグサ
5月中旬~6月中旬
ミツバアケビ ズミ ウワミズザクラ ホウチャクソウ
ミツバアケビ
5月下旬~6月初旬
ズミ
5月下旬~6月初旬
ウワミズザクラ
5月下旬~6月初旬
ホウチャクソウ
5月下旬~6月初旬
サワオグルマ クルマムグラ ケナシヤブデマリ コマユミ
サワオグルマ
5月下旬~6月中旬
クルマムグラ
5月下旬~6月中旬
ケナシヤブデマリ
5月下旬~6月中旬
コマユミ
5月下旬~6月中旬
オオヤマオダマキ サワフタギ タニウツギ ハナニガナ
オオヤマオダマキ
5月下旬~6月下旬
サワフタギ
6月初旬~6月中旬
タニウツギ
6月初旬~6月下旬
ハナニガナ
6月初旬~7月中旬
ノイバラ
ノイバラ
6月中旬~7月初旬(花)
9月中旬~10月(実)

初夏〜夏の花

ニガナ クマヤナギ(実) スイレン クロズル
ニガナ 6月中旬~8月中旬 クマヤナギ(実) 6月中旬~7月中旬(実)
7月下旬~8月下旬(花)
スイレン 6月中旬~9月中旬 クロズル 6月下旬~7月中旬(花)
7月下旬~10月(実)
ウツボグサ オカトラノオ ノリウツギ ノハナショウブ
ウツボグサ 6月下旬~7月下旬 オカトラノオ 6月下旬~8月初旬 ノリウツギ 6月下旬~8月下旬 ノハナショウブ 7月初旬~7月下旬
チダケサシ クサレダマ オオウバユリ オオバギボウシ
チダケサシ 7月中旬~8月中旬 クサレダマ 7月下旬~8月初旬 オオウバユリ 7月下旬~8月中旬 オオバギボウシ 7月下旬~8月中旬
オトギリソウ コバギボウシ ドクゼリ ヒヨドリバナ
オトギリソウ 7月下旬~8月下旬 コバギボウシ 7月下旬~8月下旬 ドクゼリ 7月下旬~8月下旬 ヒヨドリバナ 7月下旬~9月初旬
サワヒヨドリ ゴマナ キンミズヒキ ヒメシロネ
サワヒヨドリ 7月下旬~9月下旬 ゴマナ 7月下旬~10月中旬 キンミズヒキ 8月初旬~9月初旬 ヒメシロネ 8月中旬~9月下旬
サワギキョウ ツリフネソウ ツルニンジン
サワギキョウ 8月中旬~9月下旬 ツリフネソウ 8月中旬~10月初旬 ツルニンジン 8月中旬~9月下旬

初秋〜秋の花

キツリフネ ハンゴンソウ タチアザミ アケボノソウ
キツリフネ 8月下旬~9月下旬 ハンゴンソウ 8月下旬~9月下旬 タチアザミ 8月下旬~10月初旬 アケボノソウ 9月初旬~9月下旬
アキノウナギツカミ ミゾソバ ツルリンドウ
アキノウナギツカミ 9月初旬~10月初旬 ミゾソバ 9月初旬~10月中旬 リンドウ 9月初旬~10月中旬(花)
10月下旬~(実)

 

植物・花観察のマナー

  1. ゴミは持ち帰りましょう。
    ゴミはすべて持ち帰ってください。
    残飯や空き缶に残ったジュースの味を覚えたツキノワグマなどの野生動物が人家をおそうようになりかねません。
    また、魚などへの餌付けは池の生態系を壊してしまいます。
  2. 動植物をとらないでください。
    いもり池周辺は国立公園の特別地域に指定されており、動植物の採取は禁止されています。美しい自然を子孫まで残しましょう。
  3. 湿原の生態系はデリケートです。
    湿原に自生する植物は非常にデリケートでわずかな環境の変化でもダメージを受けるため、仮に他の場所に植えても枯れてしまいます。
    また、一人の人が湿原に踏み込むと他の人がそれに続き踏み荒らされてしまいます。
    湿原では、決められた木道の上を外れずに歩き、植物には手を触れないようにしましょう。
PAGETOP
Copyright © 妙高高原ビジターセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.