ようこそ妙高戸隠連山「妙高高原ビジターセンター」へ

妙高温泉

妙高温泉

開湯 1911年(明治44年)
色 透明
泉質 単純温泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、くじき、うちみ、痔、冷え性
特徴 別名「越後富士」とも呼ばれる妙高山の玄関口である妙高高原駅付近にあり、妙高高原温泉郷の中で一番低い標高500mに位置している温泉です。

江戸時代から宿場として栄えていた関川村では、時代の流れ、また鉄道の開通により通行する人が減少しましたが、1911年(明治44年)、一本木温泉(赤倉温泉)からの分湯工事を行い、「赤倉分湯」として妙高温泉は誕生しました。
当初、赤倉分湯は北地獄谷の源泉を赤倉温泉組合から分譲を受けていましたが、1917年(大正6年)に南地獄谷の源泉が発見されたことで、南地獄谷から引湯することとなり、それに併せて赤倉分湯の名称を廃止し、新たに「妙高温泉」として発足されました。

源泉と温泉地の標高差約1300m、最長距離約10kmの引湯管で引いた全国でも珍しい温泉で、天然の湯もみ*1効果で柔らかな泉質です。南地獄谷からの引湯管は、毎年発生する雪崩被害を避けるために、谷あいに張った金属製ワイヤーロープで吊った空中引湯管で引湯されており、その様子はスライドショー内で見ることが出来ます。
妙高温泉は1920年(大正9年)頃、歓楽街として栄えており、芸者が30~40人程いたとされています。

*1「湯もみ」とは、昔から行われている成分を薄めずに温度を下げるという一挙両得を実現したものです。湯は長い引湯管を通って旅館に着くときにはまろやかな湯になります。

妙高高原町史によると開湯は1912年とされているが、妙高温泉土地株式会社から受領した資料(資料名不明)内に、「当時の新聞記事から1911年であることが明らかになった」とされていたため、1911年とした。

PAGETOP
Copyright © 妙高高原ビジターセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.