(妙高市観光協会HPより転載)

妙高山・火打山登山道の状況について(8月3日現在)

7月に入ってからの降雨により、妙高山、火打山登山道はぬかるみや一部土砂が崩れ落ちている箇所、また、雪解けが急速に始まった影響もあり、登山道は所々歩きにくい状況となっています。
夏山シーズンが到来し、日本百名山である「妙高山」「火打山」を中心に登山客が多くなってきています。
特に、今年は近隣の主要な山々の残雪も多い中、妙高エリアも登山客が例年以上の増加で、麓の駐車場や登山道も混雑しています。
登山にお越しの際は、マナーを守り、みなさんが楽しめる登山を心がけましょう。

【登山道の状況について】  ※赤字は新情報
1.燕新道大倉分岐から三ツ峰分岐の間において、大規模な土砂崩落が発生しており、通行できない状況となっております。
 黒沢池ヒュッテ方面へは長助池分岐への迂回をお願い致します。
2.火打山中腹の富士見平から黒沢池ヒュッテの間の一部は、ぬかるみになっています。
3.黒沢池ヒュッテから妙高山方面の長助池分岐の間は、大倉乗越付近の融雪が進み、トラバースに注意が必要です。
4.長助池から大倉分岐の間は、融雪が進み、林の中の登山道が見え隠れしているため、迷わないように注意してください。
5.妙高山燕温泉側の光明・称明の滝付近の登山道の一部が崩れ落ちている箇所があり、注意が必要です。

今後の気象状況により、登山道において土砂崩落等が発生する可能性がありますので、通行にはご注意ください。
また、危険個所を見つけた場合は、情報提供をお願いします。

連絡先
妙高市役所観光商工課 ℡0255-72-5111(代表)
妙高市観光協会 ℡0255-86-3911