日別アーカイブ: 2021年5月16日

実食編!アミガサタケ

前回の記事で触れました、アミガサタケのスタッフによる実食レポートを今回お届け致します!
今回はアミガサタケを使用したキノコスープを作ってみました!

※注意※野生のキノコは判別を誤ると食中毒、最悪の場合死に至ります。
今回は、専門知識を持った方(キノコ観察ガイドウォークの講師をお願いしている方)が発見し識別を受けたうえで試食しています。

野生のキノコによる食中毒が毎年発生しています。
基本的には、野生のキノコは採取しない、食べない、配らないことが大事です。

こちらがアミガサタケです。生の状態でもとても良い香りがします。

おいしい香りに誘われてか、キノコの中は空洞でしたが小さいアリがうじゃうじゃいました。
塩水で晒し虫を出し、水洗いしたのち食べやすい大きさにカット。

虫出し中です。

アミガサタケを水と茹でて、固形コンソメとウインナーを投入します。


しばらく煮込み、ウインナーのタコ足が開いたら仕上げでバターを少し投入。

最後に刻みネギ(事務所近くに生えていたあさつきで代用)を入れたら完成!!



アミガサタケの良い出汁がコンソメとバターとの相性バッチリ!
食感も歯ごたえが良くサクサクしており、とても美味しかったです!

以上、アミガサタケの試食レポートでした。

冒頭部分でも触れましたが、今回は専門家による発見、識別を受けたうえでの試食です。
野生のキノコを食べる際にはくれぐれも慎重にご判断いただきますよう、お願いいたします。