毒きのこ「ドクササコ」標本いただきました

こんにちは、前回に引き続き毒きのこの話題です。
今回はきのこ観察会講師の滝澤様より、「ドクササコ」の標本を頂きました。

ドクササコの特徴の根元の白い菌糸がわかりやすいですね。
ドクササコは比較的有名な毒きのこです。
毒に即効性はなく食べてから数日後に中毒症状が現れます。
身体の末梢神経に激しい痛みが起き、痛みが引くには3ヶ月ほどかかる非常に苦しみの強い中毒症状です。
即効性が無いがために、ドクササコであることに気づかず大量に摂取してしまう危険があります。
竹藪やケヤキの木の下の落ち葉によく生えるそうです。家の庭でも見受けられることがあるそうです。
標本の状態でもとても良い香りがして、毒きのこであることが知らなかったらうっかり食べてしまいそうです。十分にお気を付けください。

さて、今日朝からずっと降っていた雨が上がったので外へ出てみると、面白いきのこを発見しました。

目に入ったとき、ミミズかと思いました。まるで生き物の触手のようです!
滝澤様に伺ったところ、「キツネノエフデ」というきのこだとお答えいただきました。
このきのこも過去に中毒の例があるとのことなので、有毒であると考えられます。

昨年いもり池周辺で発見したあの猛毒きのこは今年も出てくるのか・・・今後も動向を追っていきたいと思います!