落雪注意!

暦の上では春を迎え、関東地方では春一番が吹き日本列島に杉花粉飛散の前線も北上しております。徐々に春の気配が遠くから近づきつつあるようですが、ここ池の平はまだまだ冬真っ盛りです。

さて、ここいもり池案内所の入っている「アルペンブリックガーデン」は、屋根の雪降ろしのいらない自動落下式の屋根です。
雪降ろしの手間がかからないのですが、反面落雪による事故に気を付けなければなりません。
事務所の中から落ちていく屋根の雪の映像を撮影しました。ご覧ください!

音声は消してありますが、実際屋根の上を雪が滑る音と地面にドサドサと落ちる雪の音がかなり大きな音で聞こえてきます。
屋根の上から落ちてくる雪はかなり固くなって重くなっています。落雪に巻き込まれたらひとたまりもありません。
固い落雪は車も壊れる威力です。

落雪の危険個所にはコーンを設置し、お客様のお車が落雪の被害にあわないようにしています。
敷地内の除雪業者さんからも、会社の車がこのコーンの向こうのあたりで車が数台つぶされているお話し伺いました。(汗)
今年はここ妙高だけでなく妙高市の新井地区をはじめ上越、糸魚川市などが災害救助法適用となる大雪となったことは記憶に新しいですね。
雪が降った直後だけではなく大雪の数日後も事故に気を付けなければならないですね!
1月の大雪で被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます。