ほんどりすコース整備と発見

1月下旬にオープンしました常設スノーシューコース「ほんどりすコース」。
多くの方からトレッキングにご利用いただいております。

昨日、何度目かのほんどりすコースの整備を実施しました。
先週、妙高高原では24時間で50cm以上の降雪が続き、2日間で1m以上と、大幅に積雪が増えました。
それによってほんどりすコースの一部に高く雪壁が出来ており、歩きにくくなっていました。

コース内の数か所で、壁になっているところに階段を作り、歩きやすくしました。

定期的に私達スタッフが巡回、整備を行っております。
しかし階段が崩れたり壁になっているようなことがあり歩きにくくなっていた際は、当館へご連絡ください。

整備の為にコース巡回していると、様々な発見があります。

発見したこちらの木の穴。よーく見ると……
 
ドングリ!
リスか誰かの食品庫でしょうか?
置いた本人はちゃんと覚えているのかな?
普段雪のないシーズンは遥か頭上にある樹洞ですので、見ることはできません。
スノーシューを履いて雪の上を歩くことで見ることができる特別な体験です。

3月28日まで、自然解説などを交えたスノーシューガイドツアーを開催しています。
レンタルスノーシューで自由に散策することもできます。
ご利用お待ちしております。