館内展示のひとつ、詩人・国見修二による「毎月の詩」コーナーは、
妙高高原ビジターセンターが2019年9月に閉館となることを受け、更新を終了いたします。
長らくに渡り、ご愛願いただき誠にありがとうございました。
過去のバックナンバーは引き続きご覧いただけます。

2019年の展示まとめ
2019年4月分より、詩人・国見修二、作家・山本みゆき による特別展示「生き物詩リーズ」

2018年の展示まとめ

2017年の展示まとめ

2016年の展示まとめ

 

作家データ

国見 修二(くにみ しゅうじ)

1954年潟東村(現新潟市西蒲区)生まれ、妙高市在住の詩人。
主な著書に詩集「鎧潟」「雪蛍」「瞽女歩く」「瞽女と七つの峠」「剣道みちすがら」など。

山本 みゆき(やまもと みゆき)

読み聞かせサークル「ワンダーランド」会員。
2008年~2012年までJCV放送の昔話の作画を担当。
2018年に制作した紙芝居「コッペルじいさんのひとりごと」が新潟県平成29年度自主映像・
視聴覚教材コンクール社会教育・地域映像部門にて優秀賞を受賞。
主な作品に紙芝居「じゅがむ」「大池・小池の話」「赤ずきんちゃんとやさしいオオカミ君」ほか、
絵本「ゆっくりゆきちゃん」など。

「”生き物詩リーズ”原画展について」 プレスリリース